顎関節症治療が必要な人はどんな人?

スポンサーリンク

突然ですが、あごが鳴ったり、口が大きく開かなかったり、あごが痛んだりしてはいませんか?
もしこの3つの症状があなたのあごにあるのなら、あなたは顎関節症治療の必要があるかもしれません。
顎関節症治療は言葉の通り顎関節症を治療することですが、この顎関節症とは一体どのようなものなのでしょう。

この顎関節症は若い女性に多く見られるといわれています。なぜ若い女性に多く見られるのでしょう。実は確定的な理由はまだ見つかっていないのですが、現段階では女性の方が感受性が高く痛みやストレスに敏感だからではないかとか女性ホルモンに関係がある可能性もいわれていますし、噛み合わせや歯並びが悪いため治療した歯によるものや親知らずによる場合も言われています。


症状も様々で顎の痛みや不快音から、頭痛など、症状の種類、重軽度も個人差があります。
歯科の口腔外科で治療する場合、顎の位置を正しくすることで、顎関節症を治療します。この時にスプリントと呼ばれるマウスピースを利用します。このスプリントを歯に設定することで、顎の位置を少しずつ、正常な位置に矯正します。そして1ヶ月に一度程、スプリントの形と歯の位置を調整して、治療していきます。長い期間がかかるそうですが、基本的に普段の生活の中でも、スプリントを常に装着することになります。

このサイトは顎関節症治療についての情報が詳しく掲載されています。違和感や痛みを感じる症状についてこのサイトがお役に立てたらと思います。

顎(がく)関節症の治療なら、歯科口腔外科へ

額関節症は、老若男女だれでも、かかる顎(あご)関節の病気の一つです。症状も様々で、顎の痛みや不快音から、頭痛など、症状の種類、重軽度も個人差があります。

治療には、歯科医院、整体、カイロ、精神科など、さまざまな科での治療スタイルがありますが、最も一般的なのは、歯科の口腔外科による顎のズレの治療です。このサイトでは、日本全国の口腔外科を地図付きでご紹介しています。ぜひ、額関節症治療に参考にしてください。

歯が割れた、かけた、失った、インプラント治療をお勧めします

インプラント治療は、従来の治療方法に比べて、たくさんのメリットがあり、安心して受けることのできる治療方法です。長い人生において、さまざまな理由から歯を失ってしまい、物が咬めなくなったり、食事が制限されたり、口内や顎に悪影響を及ぼすなど、さまざまなデメリットを受けてしまっている人がいます。

そうした人々は、失った歯のかわりに入れ歯をしたり、ブリッジ治療をしたりしていましたが、従来の治療法には、治療をする際にたくさんのデメリットがありました。

入れ歯が外れる、硬いものが咬めない、入れ歯が外れて恥ずかしい、etc・・・そんな従来の治療方法を変えて、さらに、多くのメリットがある治療方法が、インプラント治療です。歯を1本失った人から全て失った人まで、あらゆる人に対応できる優れたインプラント治療をご紹介します。>>インプラント治療とは?

スポンサーリンク

都道府県から歯科口腔外科を探す