顎関節症について

スポンサーリンク

顎関節症(がくかんせつしょう)とは、顎(あご)の関節に病気です。口を開ける時に顎が痛い、顎の関節が鳴る、口が大きく開かない、などの症状が発生します。それ以外にも軽い頭痛がする場合や、重度の人は、寝たきりになってしまう場合もあるつらい病気です。

誰でも顎関節症になる可能性がある

顎関節症は、男性、女性、子供、高齢者など性別や年齢に関係なく幅広く起こる症状です。人によっては、先天性、つまり生れつき顎関節症の人もいます。誰でもかかる可能性のある顎関節症ですが、最近では20歳~30歳代の女性に特に多いということが分かってきています。

日本顎関節学会による症状の分類

日本顎関節学会は顎関節症の様々な症状をI~V型に分類しています。

スポンサーリンク