スポンサーリンク

顎関節症の症状

スポンサーリンク

顎関節症の主な症状としては、

など、口周辺に異常が起きます。これらの症状の大きさは個人差があり、顎が痛むといっても、少しミシッと痛むレベルから、ガツンと殴られたような痛みまでさまざまです。

またこれらの顎の痛みだけでなく、頭痛、首筋のコリ、背中、腰、など全身に痛みなどの症状が起きる場合もあります。

さらに人によっては、目がかすんだり、身体のゆがみから、便秘、下痢、胃腸障害、生理痛、心理的疲労など、実に多様な症状が起きてしまう場合もあります。これらの全身症状は、不定愁訴の一種で、不定愁訴とは体調が悪くて検査するが、その原因の病気などが発見できない状態のことです。

目のかすみが、実は顎関節症から来るものだった!!なんて可能性もあるのです。

顎関節症の症状は実にさまざまです。この症状の多さから、顎関節症の治療は、難しいとも呼ばれるのです。

スポンサーリンク